剪定について

  • HOME
  • 剪定について

植物ホルモンバランスを整える剪定

切り上げ剪定

切り上げ剪定

・サイトカイニンが活性化し、花が増える。それに伴って、花を増やす葉面散布が不要になります。
・オーキシンが果実に行き、糖度を高める。それに伴って、味を上げる葉面散布が不要になります。

切り下げ剪定

切り下げ剪定

・ジベレリンが活性化し、少しの水分や肥料で樹がすぐに反応する。工程として、栄養成長を抑える視座が必要となってきます。

注目すべき二つのポイント

・たち枝は絶対に切ってはならない
・根づくりは剪定が影響する

補足事項として、「豊作の木は剪定を他のものよりも少し遅らせてあげること」「不作の木は、通常の剪定時期より1か月早く行ってあげる」などがあります。

お問い合わせ

ご質問・ご相談などがございましたら、
お電話やメールフォームよりお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

TEL 090-9501-6539

メールフォームはこちら