ミカンの事例

  • HOME
  • ミカンの事例

肥料もたい肥も農薬もやらない自然栽培ミカン

肥料もたい肥も農薬もやらない自然栽培ミカン

段ボールを開けて、外観が悪いのでびっくりされたと思いますが、味は良く糖度と酸のバランスは最高です。
本来植物は、水と温度があると自分で『植物ホルモン』をつくって自分の力で成長するようにできているのです。何も手を入れなくても育つのはそのためです。

一般的に「肥料はやったほうが美味しいものができる」と思われているのですが間違いです。
農学では「肥料をやればやるほど味は悪くなる。肥料をやらないと収量が落ちるので、肥料は味の我慢できるところまでやる」というのが実態です。裏を返せば「無肥料栽培は、収量が落ちるが味は最高のものができる」ということなのです。

お問い合わせ

ご質問・ご相談などがございましたら、
お電話やメールフォームよりお受けしています。
お気軽にお問い合わせください。

TEL 090-9501-6539

メールフォームはこちら